iris-and’s diary

現役女子医大生の雑記ブログ

【センター9割】勝負の夏に最低限やることとは?

f:id:iris-and:20180606223126j:plain

こんにちは。

Iris

(Iris@医学生ブロガー (@Irisandblog) | Twitter

です。

 

今回は、私がセンター9割を取るために、

高3の夏にやったことをまとめます。

私はこれをやったことで、その後、

とても気持ちに余裕ができ、

大学の現役合格につながったと考えています。

もちろんちょっとは辛いけど。(笑)

本当に、「過去の自分に感謝雨あられ!」になるので、

ぜひ実践してみてください!

 

過去問10年分を完璧にする

 

私はまず最初に、センター試験の過去問を10年分解いて

完璧にすることを最優先に勉強しました。

「完璧にする」とは、わからないところをなくし、

次に解いたときに必ず満点がとれる状態にしておくことです。

 

これは本当にやっておいた方がいいです。

センター試験の問題傾向もつかめるし、

受験勉強のゴールを可視化できます。

(センターを解くためには、

ここまでのレベルに上げる必要があるんだと気づくというこということ)

ですので、秋以降の勉強予定も立てやすくなります。

 

一通り解くだけでも、解かないよりはマシですが、

きちんと復習をすること大切です。

私は秋以降の学校の授業で、

みんなが一斉に過去問を解く中、

追加で勝手に練習問題を解くこともできましたし、

「過去問何年分終わった〜?」

「まだ4年分なの~ペース上げた方がいいかな~?」

っていう同級生の会話にも、

「え、夏休みに普通やるっしょ。10年分とっくに終わらしてやったわww」

と心の中で余裕が生まれます。

(相変わらずゲスい)

でも、これが心の余裕につながるので、

友達より勉強が進んでいて、喜ぶというのは

実は普通にいいことだと思います。

その後、さらにギアをアップして頑張れますしね!

 

センター範囲の内容を全部終わらせる

授業でセンター試験の直前までその範囲を習う

というカリキュラムの学校もありますよね!

中高一貫校以外ならあり得ます。

実は私の高校もそうだったんです。

いちお~進学校なのに~(´;ω;`)

 

でも私は、センター直前に習った内容を、

果たして本番で解けるのかぜんっぜん自信がなかったので、

夏休みに全部自力で予習しました。

教科は物理、化学、日本史です。

特に私の学校は日本史の進みが遅くて遅くて、

センター試験にはけっこう近代が出るのに

全く終わる気配がなかったので、本当に焦った~(笑)

(結局最後もパパッと間に合わせ、内容はすっからかんだったんですよ、やばくない?)

 

私は理系ですが、そのせいで日本史にはだいぶ時間を割きました…。

予習方法としては、

センター試験の過去問を解きながら教科書を読んだり、

ノートにまとめたりするのがお勧めです。

中には、「範囲を勉強するのが2番で、

問題を解くのが1番って順番が逆じゃない?」

と思う方もいらっしゃると思います。

学問的に言えば、きちんと自分で学習してから、

問題を解いて確認☆の方がもちろんいいとは思いますが、

そんな時間は現役生にはないんですね。アーメン。

 

だって授業でも習ってないのに、自分で勉強しろなんて、

どこが大切なポイントでどのように覚えたらいいかも

全くわからないじゃないですか!

 

だから、問題を解いて、出てきた順番に覚えていけばいいんです。

「ふ〜ん、ここ出しちゃう系ね〜なるへそ」ってなればいいんです。

問題数を重ねれば、たくさん出るところ

大事なところというのもわかりますし。

問題に出ているということは、

そこを覚えなきゃ始まらないということなので。

 

夏こそ適度に休むべし

この話をすると、みんなに「死ぬほど勉強したんだね...」とか

「寝る時間とかあったの?」なんて言われるんですが、

私は全然凄い人間じゃないんですよ。

細かいすきま勉強を全部合わせたら、

一日平均で9時間くらいは勉強していましたが、

本当は1日10時間以上ってよく言われますよね

 

私の友達も塾にこもってずっと勉強してましたが、

私は同じ場所で勉強し続けるのが苦手で、

長くても6時間くらいしか集中力がもたないので、

朝早く行って、夕方くらいにはさっさと塾から帰っていました。

あはは。

 

「あ〜アイス食べたいな」「昼寝もしたいな〜」

という感じで、けっこう自由気ままにやっていましたが、

過去問10年分を完璧にすること予習を全部終わらせること徹底して行いました。

赤本も、余裕があれば一周解いとくか〜みたいな感じでゆるくやっていました。

 

「センターを完璧にしなければならない!」と書くと、

もうがっつりやる人がいるんですが、

(もちろんがっつりできる人はもうぜひやってほしいですが、)

集中しすぎると、糸がプツンと切れて

やりたくないよ~ってなってしまうんですよね。

 

それよりは、昨日はちょっと頑張ったから

今日は少し勉強時間を減らそうとか、

今日は一時間早起きして頑張ったから、

アイスゆっくり食べるぞ!とか。(またアイス(笑))

 

1週間のうちの6日でそれぞれ勉強を10分増やすと、

60分余裕が生まれることになるので、

一話だけドラマをみよっかなとか。

 

そういう自分との向き合い方をくふうして、

とにかく継続できる方法を考えるのが夏を乗り切る秘訣です。

(とりま夏暑すぎない?)

 

受験生は夏が勝負!一日10時間以上!うんたらかんたら。とよく言われます。

夏が大事であることは間違いないですが、

自分で自分を縛りつけるくらいなら、ストレスをためず、

最低限のことでありながら、実は一番近道である、

センター試験過去問10年分を完璧にする

センター試験の範囲を全部終わらせる

を守ることが大切です。

 

だまされたと思ってやってみてください。

私はこれで秋以降もストレスをためることなく、

勉強を継続することができました。

 

受かるのは、これを読んだ後に、すぐ行動に移せる人ですよ!

勉強相談もLINE、Twitterから受け付けております。

LINE Add Friend

 

こちらも必読です。

 

iris-and.hatenablog.com

 

 参考書が欲しい方、無料でプレゼントしているのでぜひご連絡ください。

早い者勝ちだよ!

iris-and.hatenablog.com

 

Iris

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村